• ホーム
  • インフルエンザにはタミフルと体温管理

インフルエンザにはタミフルと体温管理

2020年04月26日

通勤に際しては都市部に住んでいると電車を多く使用することになります。
電車の中は人と人とが密接している状況にあるため、飛沫感染が起こりやすい状況にあるのは明らかでしょう。
また、冬の寒いシーズンになると密閉された状態になって暖房がかけられているため、乾燥してウイルスが溜まってしまいやすい状況ができているのも事実です。
そのため、インフルエンザにかかりやすい場所としても知られているのが電車の中であり、十分に対策をしていくことが重要になります。
マスクを着用したり、電車から降りたら手洗いうがいをしたりするのも有効な予防方法ですが、それと同時に重要になるのが体温管理です。
寒い屋外から電車に乗ると暑くなってしまって汗をかくことがよくあります。
体温を下げるために汗をかきますが、それによって水分が奪われて感染がよりおこりやすい状況になってしまうのです。
そのため、電車に乗ったら水分補給が欠かせません。
一方、電車から降りると急激に寒い環境にさらされるため、体温が下がってしまいがちになり抵抗力が低下します。
このときにインフルエンザウイルスが喉に侵入していると感染が成立しやすくなってしまうのです。
そのため、衣類の調節などによる体温管理を行うことは電車で感染してしまわないようにするために重要になります。
もし本当にインフルエンザにかかるわけにはいかない状況にある場合にはタミフルを使用することも考慮すると良いでしょう。
個人輸入で手に入れれば医師の処方箋がなくても手に入れることが可能であり、タミフルを予防的に使用していれば服用している間はインフルエンザにかかるリスクがほとんどありません。
そういった予防方法も考慮して対処していくことが万全な対策になります。